外観

診療案内 インプラント

無くしてしまった歯をどうやって補えばいい?

img

「歯周病や虫歯が酷くなって、歯を抜いてしまった」

「怪我をしたときに歯を折って、抜かざるを得なかった」


そんなとき、無くなってしまったところをどうやって補えばいいでしょうか?

保険適用の場合、2種類の治療方法がありますが…

 健康保険の範囲内での治療の場合、抜けた歯の両側の歯を削って無くなった部分を補う形の装置を接着剤でとめていく「ブリッジ」、残った歯にバネをかけて歯茎の上に取り外しの出来る装置を乗せていく「入れ歯」の2種類の方法があります。
 しかし、「ブリッジ」にはなんの問題もない歯を削らなくてはいけない場合があったり、両側に支えになる歯が無い場合は使えないというデメリットがあり、「入れ歯」には硬い物が咬めなくなったり、取り外して洗わなくてはいけないという煩雑さがあります。
 インプラントは、歯が無くなった部分の顎の骨に、直接チタン製のボルトを埋め込み固定させることによって、他の歯を傷つけることなく、自分の歯と同じように硬い物も咬めるようになる優れた治療法です。

インプラントは優れた治療方法です

当院での治療方法

インプラント治療の一般的な流れは以下のようになります。
処理の流れ 内     容
1 お口の中の状態を確認するために模型を作り、
骨の状態を診るためにレントゲンを撮影させていただきます。
2
1
1次オペ
チタン製の人工歯根を顎の骨の中に植え込む手術をします。
局所麻酔下で行い、処置時間は1時間程度です。
3 人工歯根が顎の骨としっかり癒着するまで
3~6ヶ月期間を空けます。
その間、歯がない部分に関しては入れ歯等での対応となります。
4
1
2次オペ
人工歯根が骨と癒着しているのを確認し、歯茎に穴を開けて、人工歯根と被せ物の土台をつなぎ合わせる準備をします。
5 型どりをします。
6 完了
土台を人工歯根にねじ止めをし、被せ物を接着剤でとめて、完了です。 4
※全身状態や埋め込む骨の状態によって、インプラント治療が出来ない場合もあります。
※かみ合わせの状態によっては、白い被せ物が出来ない場合もあります。


患者様それぞれ、お口の中の状態が違います。
ご相談させていただいた上で、適した治療法を提供したいと思っております。

料金

  • 一次オペ(人工歯根埋入手術)……… ¥100,000
  • 被せ物(セラミック)………………… ¥100,000~

※料金は、全て税別表示です

松崎歯科医院の診療時間

松崎歯科医院へのご予約・お問い合わせ

0422-49-0341
〒181-0012 東京都三鷹市上連雀4-3-5-103
詳しくはこちら

このページのトップへ戻る